【LINEでふるさと納税】が可能に。お得か疑問!他社との違い

ラインでふるさと納税経済のコト

「LINE」と「さとふる」の協業により、スマホで簡単に「ふるさと納税」ができるサービスが生まれた。(5月18日から)

「さとふる」は、ふるさと納税をしたことがある方なら、CMで見かけたり、一度は耳にしたこともあるだろう。知名度も高いし、私自身も利用したこともある。

今回は、スマホ(LINE)で簡単にふるさと納税ができるようになり、「さとふるユーザー」にとっては、さらに便利に利用することができるようになった。

※しかも「ラインとさとふるの提携開始」を記念して、「寄付金額に応じたギフトカードが必ずもらえる」(という)スタート記念も見逃せない。

しかしながら…!私自身、ふるさと納税は全て「楽天ふるさと納税」で済ませており、正直なところ「お買い物マラソン」「0と5が付く日」「スーパーセール」などでうまく活用すれば、ポイントが10倍〜20倍以上もつく。(楽天ふるさと納税の場合)

このような楽天ハードユーザーでも、他社サービスを活用するメリットはあるか?

「楽天市場」でふるさと納税をしている人以外でも、他社サービスで納税している方はたくさんいる。例えば:ふるなび、ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税、さとふる、ANAふるさと納税、ふるぽ、などなど。

どうせ「納税する金額が同じ」なら、少しでもお得なポータルサイトを利用しない手はない。

そこで今回の主役「ラインでふるさと納税(さとふる)」について、他社でふるさと納税している方は、乗換することで「得なのかどうか?」判断材料として、この記事を参考にしてみてほしい。

提携開始記念!最大6%相当のPayPayギフトカード

まず重要なのが「LINEでふるさと納税」のサービスで、どれくらい得できるか?

これを知らないと話にならない。いくら「スマホで簡単にのふるさと納税」ができるようになったとしても、他社に魅力があれば納税ユーザーは価値を感じにくい。

なので、提携開始記念のサービスやメリットについて深掘り。

キャンペーン詳細

◆期間:2022年5月18日〜2022年6月30日

◆内容:上記キャンペーン期間中、「LINEでふるさと納税」で寄付。金額に応じ最大で6%相当のPayPayギフトカードが必ずもらえる。

(例)
●年収400万円で約4万円の寄付=2,400円
●年収700万円で約7万円の寄付=4,900円
●年収1.500万円で約34万円の寄付=20,400円

※控除金額はあくまで目安で、それぞれの「個人や条件」によって変動。詳しくは納税シミュレーションをどうぞ。

※ポイントは「最大」に注意が必要。寄付金額に対して通常は1%相当で、さとふるの日(3と8のつく日)に寄付することで「最大6%相当」のプレゼントギフトとなる。

キャンペーン対象日(最大6%の日)

◆5月:18日、23日、28日、30日、31日

◆6月:3日、8日、13日、18日、23日、28日、30日

また、キャンペーン期間中にパソコンで寄付しても、もらえないので注意が必要(LINE経由のみ)。プレゼント付与の期間は、キャンペーン終了から約2ヶ月以内とのこと。(登録したメールアドレスに送られる)

「LINEでふるさとの納税」のサービスを使いたい方は、友達追加すれば利用できる。

「LINEでふるさと納税」がおすすめな人

・「さとふる」でしかない返礼品がある
・空いた時間にパパッと返礼品をみたつけたい
・今のサービスより、少しでも得したい
・ふるさと納税初心者の方!操作が簡単
・納税による不安(充実したサポート体制)

など、私が実際に調査した結果、どちらかというと、ふるさと納税初心者〜中級者におすすめと感じた。操作性やスピーディーさ、少額納税でも最大6%の魅力。

ちょっとしたデメリットとしては、大手他社サイトの「自治体数」と比較すると少し「少ない」。また、キャンペーン以外の寄付は「ポイント還元率が低い」(という)デメリットも…。

好きな時、好きなタイミングで寄付したい方は、どちらかというと、個人的には「ポイント還元率」がバカ高い「楽天ふるさと納税」をおすすめしたい。

最大20%以上還元の「楽天ふるさと納税」がお得

私が利用(楽天ふるさと納税)しているからおすすめする訳ではなく、本当にポイント還元率が高い」(という)理由から、楽天ふるさと納税をおすすめしたい。

楽天ふるさと納税がおすすめの方

・楽天サービスを広く活用してる
(楽天証券、楽天カード、楽天トラベルなど)
・自治体数が多い
・普段から楽天市場で買い物している方
・セールが頻繁で他社よりもポイント還元が高い

最大30%のポイント還元

・楽天会員:1倍
・スーパーポイントUP(SUP):最大15倍
・楽天スーパーセール:最大9倍
・勝ったら倍キャンペーン:最大3倍
・毎月5と0のつく日:最大2倍

数々のキャンペーンが定期的に開催されているので、高い還元率でふるさと納税することがきでる。

※キャンペーンは「エントリー」が必要。

私の場合は、楽天サービスをよく使っていることもあって、通常の買い物ですら「7.5倍」の還元率。また、楽天ブラックカードの特典やセールを駆使すると、ふるさと納税で20%以上もの還元率で購入できている。

一般の方でも、セールを駆使すれば10%以上の還元率で、お得にふるさと納税することが可能だ。もっと「高還元率」の恩恵を受けたいのであれば、これを機に「楽天サービスをフル活用」するのも手だ。

ただし!楽天カードを持っておらず、楽天サービスをあまり利用しない方にとっては、あまりメリットを感じることができず、それならば誰でも同じ条件で最大6%の恩恵が受けられる「さとふる」がおすすめだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました